ファスティングでカラダを変える。人生が変わる。

ファスティングは、ダイエットだけではなく、健康なカラダを一緒に手に入れることができます。デトックス、美肌効果、良質な睡眠、体力増加、妊活にも効果があります。一過性のダイエットにはない、持続的な健康を手に入れましょう。

LINE&メールで無料相談受付中!
ファスティング・断食に関するコラム

実は危ない?ファスティングのデメリットを解説!メリットデメリットを理解して正しい断食を!

ファスティング ファスティング・断食に関するコラム

今話題の「ファスティング」をご存じでしょうか?身体の中に溜め込んだ脂肪や毒素を排出して、軽やかに身体をリセットする食事療法として注目されています。

身体の内側からきれいになる方法として知られている一方で、正しい知識無しに自己流で行うと、ただの「食べないダイエット」になってしまいます。そうなると効果が得られにくく、リバウンドの恐れもあります。そこで今回はファスティングについて解説をした上で、メリット・デメリットについてご紹介します。

ファスティングとは

ファスティングとは

ファスティングとは「断食(fasting)」のことです。飲食行為を意図的に断ち、一定期間胃腸を休ませることで体内のお掃除やデトックス、むくみ解消、ダイエット効果が期待できます。

精神修行としてファスティングを行う宗教もありますが、現代では医学的に健康を目的とした食事療法を指すことが一般的です。治療面でも効果があることから、欧米諸国では肥満症の治療に、ロシアでは精神病患者の治療に、日本では心身症の治療に用いられることもあります。

現代版のファスティングでは、固形物を食べない代わりに、身体に必要な栄養素を摂るためのドリンクを併用する方法が多く行われています。ジュースを取り入れたジュースクレンズや酵素ドリンクを使った酵素断食など、やり方は多岐に渡ります。

々ファスティングでは水とミネラルを含む専用酵素ドリンクのみで過ごすファスティングを推奨しています。

ファスティングのメリット

ファスティングのメリット

脂肪燃焼

ダイエットをする方が最も撃退したいのが脂肪です。その脂肪をダイレクトに燃焼できる点は、ファスティングの最大の魅力ではないでしょうか。

ファスティングを行うことで、現代人に多く見られる食べ過ぎ・溜め過ぎを解消し、身体本来の機能を発揮できます。ファスティングの目的は「食べない=摂取カロリーを抑えて痩せる」ではなく「食べない=体脂肪をエネルギー源にする」です。

また、一時的に食事を断つことで脳が「食べなくても大丈夫」と感じるようになり、ファスティング後は自然と食事の量が減ります。ファスティングでは体重の変化には個人差がありますが、相対的に脂肪を落とすことができるため、見た目に嬉しい効果が現れます。

臓器機能の改善

断食をしている間、消化器官は休息を取ることができます。そうすると、胃腸を含めた内臓の機能が改善されて活発になるのです。

よく変化を感じることの一つが腸内環境です。固形物を食べないことで、小腸は腸壁の活動を活発化させ、少しでも栄養を取ろうとします。その結果、腸の宿便が取れ、腸壁の細胞内の毒素を排出します。そうすることで、善玉菌優勢の腸内環境になります。

私たちの身体の免疫は、7割が腸で作られていると言われています。腸内環境を良い状態に保つことは、免疫をしっかり作るための場所を整えるということです。

さらに、寝ている間も臓器が休んでいる状態になるため、睡眠の質も向上します。

むくみ解消

意外かもしれませんが、ファスティングにはむくみ解消の効果もあります。ファスティングによって細胞内外のデトックスが進み、体内環境が整っていきます。特に排便からの老廃物除去、血流改善により毒素の排泄が促進され、むくみが解消されます。

加えて、完全な断食ではなく水分やミネラルを多く摂ることで、リンパや血液の流れが活発になったり、体内酵素が増えることで、太りにくい身体にもつながります。

肌がきれいになる

私たちは、知らないうちに普段の食事から添加物や余分な脂を摂取しています。それが老廃物として蓄積されることで、腸内環境が悪化し、肌荒れなどの影響を与えます。

ファスティングをすることによって全身の臓器が休み、全身の細胞の新陳代謝が活発になります。すると余分な皮脂の分泌が減り、毛穴が目立ちにくくなります。同時に肌のターンオーバーも促進されます。

シンプルな味を好むようになる

ファスティング終了後は味覚や嗅覚が鋭くなっており、今まで食べていたものの味付けが濃く感じられます。その結果、薄味でシンプルな味を好むようになることが多いです。ファスティングをきっかけに、余分な塩分や甘味料を体内に入れなくても済むようになり、より健康的な身体に変わることが期待できます。

ファスティングのデメリット

ファスティングのデメリット

栄養失調になる可能性がある

人間には食べ物がなくても生き延びる身体のメカニズムが備わっているため、短期的な断食であれば対応できます。しかし、ずっと何も食べずに生きていけるわけではありません。長期間断食をすると栄養失調に陥るリスクがあります。

ここで難しいのが、「どの程度の期間なら栄養失調にならないか」の判断です。個人差が非常に大きいため、◯日まで、と一概に言えません。そのため、長期間のファスティングに臨まれる場合、ファスティング講師など専門家の指導を受けながら万全の体制で望むことが重要です。

間違ったやり方でリバウンドしやすい

ファスティングで厳しい食事制限をした反動で、終わった後に暴飲暴食をしてしまいリバウンドしてしまう方もたくさんいます。身体の中身が空っぽになると、普段より栄養を吸収しようとするので、回復食には気をつけましょう。ファスティングは痩せる身体作りをしたようなものです。カロリーや糖質、栄養バランスなどを見直して、運動もしっかり取り入れる生活をしましょう。

倦怠感や頭痛など低血糖症状に対する正しい知識が必要

自己判断や誤った知識で行うことにより、リバウンドだけでなく、倦怠感や頭痛などの症状が出る場合があります。そのため、専門家の指導のもとで行う必要があります。途中で体調の悪化を感じたら、すみやかにファスティングを中止することが大切です。

万人向けではない

ファスティングはどんな人にもおすすめできるダイエット方法ではありません。具体的には、以下に該当する方はファスティングを避けるか、医師の判断を仰ぐ必要があります。

・身体が成長期にある18歳未満の方

・妊娠中または授乳中の方

・摂食障害の病歴がある方

・血糖値の問題を抱えている方

・その他、治療中の病気がある方

ファスティングの効果やメリット・デメリットを知って効果的なファスティングを!

ファスティングの効果

ここまでファスティングの効果やメリット・デメリットについて解説いたしました。

ファスティングは数日で身体に変化が現れるため、メリットばかり見がちです。しかしデメリットも理解しないと途中で挫折したり、リバウンドしてしまう可能性もあります。特に長期のファスティングをする際は、自己流でやってしまうと思わぬ体調不良に見舞われることもあるので、必ず専門家の指導のもと行うようにしてください。

まだまだ敷居が高いと思われる方もいると思いますが、この記事で少しでもファスティングを身近に感じていただけたらと思います。

9日の超集中ファスティングダイエット
ファスティングでカラダを変える。人生が変わる!ファスティングは、高いダイエット効果だけではなく、劇的な体質改善効果が見込めます。従来の一過性のダイエットにはない、持続的な健康体を手に入れましょう。
楽楽KG(ケイジ)をフォローする
楽々ファスティング