ファスティングでカラダを変える。人生が変わる。

ファスティングは、ダイエットだけではなく、健康なカラダを一緒に手に入れることができます。デトックス、美肌効果、良質な睡眠、体力増加、妊活にも効果があります。一過性のダイエットにはない、持続的な健康を手に入れましょう。

LINE&メールで無料相談受付中!
ファスティング・断食に関するコラム

ファスティング中はコーヒを飲んでもOK?断食期間中にカフェインが身体に及ぼす影響とメカニズムを解説します。

ファスティング ファスティング・断食に関するコラム

健康目的やダイエット目的で近年注目されている「ファスティング(断食)」。ファスティング期間中は基本的に固形物が取れないため、コーヒーやジュースなどついつい味のある飲み物が飲みたくなるものです。

しかし、断食期間中にコーヒーを飲むと良くない、ということを聞いたことがある人も多いと思います。今回はファスティング期間中にコーヒーを飲むことで身体に起こる変化とメカニズムを解説してみます!

ファスティング中にコーヒーを飲むことはできる?

ずばり結論から申し上げると、ファスティング中にコーヒーを飲むことは絶対におすすめできません!理由は非常にシンプルで、コーヒーに含まれるカフェインなどの諸成分が休ませている胃腸に刺激を与え、休息を阻害するからです。

ファスティングの最大の目的は、エネルギーの摂取を抑え痩せることではなく、胃腸などの消化器官に十分な休息を与え休ませることです。コーヒーに含まれるカフェインはこれらの目的とはまったく逆の効果を与えてしまいます。

それだけではなく、ファスティング期間中の消化期間は少しでも栄養を摂取しようと敏感になっているため、刺激物はいつも以上に負担を与えます。

さらに、ファスティング期間中は内臓が休んでいるだけではなく、肝臓などの一部の消化器官は、脂肪や細胞を分解してエネルギーを確保するために活発に活動しています。

意図的に作ったエネルギー不足の中でも活発に活動している肝臓にカフェインの摂取が伝達されると、それを消化するために更に活発に活動しなければなりません。結果的に肝臓にダメージを与えてしまうこともあります。

以上のことから、ファスティング期間中のコーヒーは絶対に摂取しないようにしましょう。

ファスティング中にカフェインは飲むことはできる?

コーヒーが飲めない場合、紅茶や緑茶などはどうなのか、と気になる方もいると思います。残念ながら、これらのお茶の類はコーヒー同様にカフェインが多く含まれているものも多く、摂取すべきではありません。参考までに様々な飲み物のカフェイン含有量を掲載しておきます。

100mlあたりのカフェイン含有量の多い飲み物
コーヒー:60mg
玉露のお茶:120mg
紅茶、抹茶:30mg
緑茶、烏龍茶:20mg
コーラ:10mg
エナジードリンク:20〜70mg

これらの飲み物はカフェインの他にも刺激を与える成分やジュースには糖分がたっぷり入っているため、絶対に摂取しないようにしましょう。基本的には後述する酵素ドリンクや水飲みの摂取をおすすめしています。

どうしても香りのある飲み物を飲みたいときはルイボスティーやハーブティーなど、カフェインや糖分が含まれていないお茶を飲むようにしましょう。

ファスティング中にデカフェは飲むことはできる?

それでは、ノンカフェインと言われている「デカフェ」はOK?と思われる方もいるかもしれません。しかし残念ながらデカフェも絶対にNGです。飲んではいけません!

実はデカフェは一般的にノンカフェインと表記されいますが、ほとんどの場合、微量なカフェインが含まれています。コーヒーから抽出しているため、しょうが無いですね。

普段なら気になならない、影響が無いほど微量ですが、前述の通り、ファスティング期間中は消化器官が敏感になっており、摂取した栄養素を少しでも抽出しようとするある種のスポンジ状態とも言える状態になっています。

そのような状態では、微量のカフェインでもいつも以上に吸収してしまい、せっかく休息が取れた消化器官に刺激を与えることに繋がり兼ねません。

断食中に飲んでもいい飲み物は?

これまでの話から、断食期間中はコーヒーを絶対に飲まないほうがいいことはご理解いただけたかと思います。では断食期間中は何を飲めばいいのでしょうか。ずばり以下のものを推奨しています。

・ミネラルウォーターなどの良質な水

・酵素ドリンクなど酵素とミネラルが多分に含まれてカロリーが極めて低い飲み物

以上になります。本来である胃腸を休息させながら、デトックスや細胞のターンオーバーを促すには、刺激がない水と、酵素とミネラルがたっぷり含まれた酵素ドリンクが最適な飲み物と言えます。

どうしても香りのある飲みものが飲みたい方は前述の通り、ルイボスティーやハーブティーなど、低刺激でカフェインが含まれていないお茶を摂取しましょう。ただし、無添加のものを選びましょうね(添加物は休息中の胃腸に刺激をあたえます)

また、水には風味付けとしてやレモンを絞るのも良いです。ただし、レモンの刺激は胃腸に刺激を与えますので、可能であれば、ミネラルウォーターそのままが望ましいです。ファスティングの肝である「消化器官を休ませる」ことは最優先事項です!

断食中に気をつけるべき飲み物は?

また、ファスティング期間中に気をつけたい飲みものをご紹介します。それは、フルーツジュースやグリーンジュース、スムージーです。一見ジュースはカロリーが低く、飲んでも影響がなさそうですが、これらは固形物からできてるため、正確には「飲み物」ではありません。特にフルーツにはたくさんの糖類が含まれています。

これらのドリンクを用いた「ファスティング」を謳う断食メソッドがありますが、狭義ではこれは断食ではありません。断食(ファスティング)本来の意味を達成するには、水またはファスティング専用ドリンクのみを摂取するようにしましょう。

普段からコーヒーを飲む人にこそファスティングはおすすめ!

現代人の多くは「カフェイン中毒」に陥っている、という研究結果も多いです。適度なカフェインは健康に良い効果をもたらしますが、大量摂取は、睡眠の質の低下やホルモンバランスの乱れ、ストレスの原因となる場合があります。

1日になんどもカフェインを飲む習慣がある人はカフェイン中毒になっている可能性がります。そんな人は断食でコーヒーを飲まない生活を送ることが苦痛だと思います。

しかし、だからこそ、ファスティングに望んで中毒を脱却してほしいと思います。数日食事を我慢して、意図的にカフェインを摂取するのが危ない状態を作れれば、カフェイン中毒を脱却できる可能性があります。

また断食による睡眠の質の向上やホルモンバランスの近郊によって、カフェインを摂取しなくてもスッキリと健康的に目覚める身体になることでしょう。

ファスティングの効果を最大限に発揮し、健康的な身体を手に入れるためにもファスティング中にカフェインを摂ることの危険性を理解して、最大限効果的なファスティングに臨みましょう。

9日の超集中ファスティングダイエット
ファスティングでカラダを変える。人生が変わる!ファスティングは、高いダイエット効果だけではなく、劇的な体質改善効果が見込めます。従来の一過性のダイエットにはない、持続的な健康体を手に入れましょう。
楽楽KG(ケイジ)をフォローする
楽々ファスティング